(有)青松

〒899-7103 志布志市志布志町安楽123-10

TEL 099-478-8868

農業・福祉

写真:農業福祉

農作業スタッフ
ピーマンは苦みがあるので、子供が苦手とする野菜ですが、ここで採れるピーマンは苦みがありません。そのまま丸かじりできます。
毎日ピーマン100パーセント生ジュースを飲んで頑張っています。ピーマンの肉詰めは定番ですが、ピーマンジャムやピーマンの丸焼きも最高においしいです。 皆さんもピーマンをたくさん食べてください。

農作業スタッフ
ピーマンの他に、なた豆も栽培しています。(注意:現在休作で2022年から栽培予定) なた豆は食用・薬用として用いられるマメ科の 一年草です。私は毎年、花粉症に悩まされていたので、なた豆を加工してお茶にして毎日飲んでみると花粉症が収まりました。 花粉症に悩む友人にもなた豆茶を勧めて、大変喜ばれています。アレルギー疾患で悩む多くの方々になた豆の良さを知ってもらうため、 真剣になた豆栽培に取り組んでおります。

清掃作業スタッフ
病院内清掃の仕事は患者様が清潔に病院ですごせる様にと力を注ぐ仕事です。毎日、いろいろなゴミや床の汚れを綺麗にする やりがいのある仕事でもあります。ハンディを持って生活する僕ですが、周りに助けられながら、がんばってます。

業務内容


※最新の業務内容ブログはこちらです。(www.seis.co.jp/cafe)


写真:納豆菌

納豆菌の準備

納豆菌(バチルス菌)を準備した。 資材として「バイテクバイオエース」を購入した方がいいんだろうけど、貧乏人は工夫が必要(笑)  フタを空け通気を良くして、一晩で十分です。水、納豆1パック、黒砂糖(水の3%)、豆乳(水の1%)を混ぜます。 ちなみに、これを与えたから収量が増えたというデータはとれてない。「しないよりした方がちょっとはいいのかな?」ぐらいだろうか。 劇的な効果を望むなら、やはり、ちゃんとした資材を購入すべきだろうね。

写真:耕運

ハウス内の耕運

3回目の耕運をした。土が細かくなってきました。

写真:耕運

ハウス内の耕運をはじめる

1回目の耕運をした。1日おきほどで数回耕運をします。間に雨が降るのが理想です。 これが終わると堆肥とヌカを入れて、数日ほっときます

写真:ビニールはがし

ビニールを全てはがした

やっとビニールを全てはがしました。例年なら暑くなる前にビニールをはがすのですが、今年は雨を避ける為、はがすのが遅くなった。 4人がかりで2日ほどで終了です。この後は倒した苗をトラクタで粉砕しながら耕運します。

写真:大雨

今年の大雨は異常

今年の大雨は異常です。何らかの対策をしないと来作の収量に影響します。 自然相手だから大きな対策はできませんが、ハウス内の雨の量コントロールならできます。やることはビニールを直ぐにはがさず、大雨が終わるのを待ちます。 連作障害を意識すると圃場に雨を入れた方が良いのですが多すぎる雨は害になります。養分が圃場外に流れ出たり、酸性雨の影響が出たり。
例年より2週間ほどビニールはぎ作業を遅らすことにします。

写真:ピーマン狩り

さくら保育園の方々のピーマン狩り

雨が降ってましたが午前中、ピーマン狩りに訪れて頂きました。
もう本当に終了前の解放ですが、なぜだかまだまだ、たくさんピーマンが付いてます。 こども達も喜んでくれましたが、先生方も喜んで頂きました。
また、例年通り、来年もまたいらして下さいね。

写真:ピーマン狩り

グループホーム曽於の方々のピーマン狩り

暑い日でしたが午前中の1時間ほどの間、ピーマン狩りに訪れて頂きました。
終了前の解放ですが、まだまだ、たくさんピーマンが付いてます
みなさん袋にいっぱい詰め込んで楽しそうでした。
また、来年もいらして下さいね。

写真:アブラムシの駆除

アブラムシを駆除するなら調理場から材料をゲットしよう

ピーマンを育てる過程でいろいろな害虫に悩まされます。
やっかいなのが、コナジラミやアブラムシ。農薬を使ってもいいですが、
なんだか、農薬って響きが嫌ですよね。そこで、厨房から材料をゲットして、
殺虫剤を作ります。サラダ油が2、食器洗剤が1の割合です。
水に薄めて使うときは3%ぐらいで散布します。予想以上に効き目があります。
※洗剤の比率を増やすと葉焼けを起こしたりします。注意が必要です。

写真:収穫は楽しい

収穫は楽しい

丁寧に育てた後の収穫はとても楽しいです。
どんな人が食べてくれるのかと想像しながら作業します。
虫に先に食べられたりすると意外と悔しいですよ。
1日で一人あたり8ケース(80kg)の収穫で、
年間では1タンあたり12トンぐらいが目標です。

写真:清掃はやりがいがある

清掃はやりがいがある

汚れにはいろいろあります。除去しにくいガムや雨の日の床の靴あとはやっかいです。 だから柔らかいブラシ、スチールのブラシ、洗剤、消毒剤などの武器を常備して 現場で作業します。汚れが綺麗に落ちた時は達成感があります。やりがいありますよ。

写真:ピーマン収穫のはじまり

収穫がはじまりました

ピーマンの苗が60センチほどになってます。
今作初めての収穫です。
9ケース(90kg)ほどでした。

写真:ピーマン定植

糸釣りが完了しました

ピーマンの苗を4本の糸で吊り上げます。
この糸に枝を巻きつけながら成長します。
最終的には2メートルほどになります。

写真:ピーマン定植

ピーマン定植しました

2タン分のハウスへ苗を移動しました。
支柱をたてて安定させます。
これでやっと今作が始まったと実感できます。

写真:ピーマン苗

ピーマン苗が育ちました

約1600本の苗です。
そろそろハウス内に移動です。
これを全部植えると、今作が始まったか~なんて思いますよ。

写真:ハウス設備の建築

ハウスがほぼ完成しました

1か月ほどですが、完成まじかです。
雨や台風で工期が遅れてます。
作付けが遅れるので収穫量が減ることを覚悟してます。
年間1タンあたり12トンぐらいを目標としたいです。

このページの上に戻る